悪徳エステの見分け方

MENU

悪徳エステの見分け方

 

悪徳エステの見分け方

 

 

 

悪徳エステの見分け方は、エステ側の対応で大体判断できます。カウンセリングの際、誘惑的で無害的な勧誘の言葉をかけてくるところは、悪徳エステの可能性が高いです。悪徳エステの多くは、無料体験、モニター、アンケートなどで誘惑してきます。無害的な勧誘を迫ってくるのは、一般の業者でも当たり前のように行っていますが、その際、あまりにもしつこくて強引に勧誘してくれるところは、悪徳エステの危険性があります。見分け方としては、自宅や職場などへも勧誘の電話がかかってきたり、契約するまで帰れそうにない雰囲気で勧誘してくるような場合です。そこまでくると、悪徳業者であると判断していいでしょう。あいまいな料金票も、悪徳エステの目安になります。料金設定が明確でなく、料金の明細をきちんと提示しないところは、悪徳業者の可能性が極めて高いです。そうしたところは、料金を水増ししている可能性が高く、消費者の事を考えていないので避けるべきです。追加の商品を勧誘してくれるところも怪しいです。悪徳エステは、自宅でも行えるようにという名目で巧みに高額商品を勧誘してきます。他社の誹謗中傷をするようなところも悪徳エステの特徴になります。